アクセス解析 がんばれ!海猿!海上保安本部

がんばれ!海猿!海上保安本部

スポンサーリンク



商船三井フェリー、「さんふらわあ だいせつ」の火災事故について発表

  
茨城県の大洗と苫小牧を結ぶフェリー
「さんふらわあ だいせつ」に
2015年7月31日火災事故が発生し、
数日、新聞を賑わせました。

TVのニュース映像では、
「さんふらわあ だいせつ」に放水する、
海上保安本部の船の様子が何度も映りました。

海上保安本部さんとは、お仕事で一度、関わりがあったことがあります。

「自分たちの普段の仕事を知ってほしい」という主旨で、
停泊中の巡視艇も中に入って見学させてもらいました。

ちなみに、厳密な区別はありませんが、
大きい船を巡視船、小さい船を巡視艇と言うそうです。

私は、海上保安庁という言葉よく耳にしますが、
海上保安本部というの言葉は耳慣れない気がします。

どこが違うのでしょうか?

調べてみました。

この辺でしょうか?

海上保安部と保安庁はどう違いますか(Yahoo知恵袋)

読んでもいまいちピント来ませんね。

私は仕事でよく、資源エネルギー庁の資料をよく使いますが、
それと経済産業省の関係のようなものでしょうかね(^_^;)

資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/
経済産業省
http://www.meti.go.jp/
※ちなみにファビコンのデザインは同じですが、微妙に色が違いますねw

さて、仕事で関わる前、
私は海上保安本部がいったい何をやっているか
あまりよくわかりませんでした。

担当者の方はこうおっしゃいました。

「われわれの仕事は、海の自衛隊で、海の警察で、海の消防なんです。」

海上保安庁と言えば、今も記憶に新しいのが、
不審船との銃撃戦です。
探せばYoutubeに動画もありますが、
こういうことをするのが自衛隊ではなく、
海上保安庁なんだ!という素朴な驚きがありました。

といいつつ、海猿でも有名なように、
海保の皆さんは、海難救助もします。
私の仕事の担当者さんは、海猿出身の方で、
打ち合わせの合間に、
トレーニング時の精神状態の話なども伺いました。

そして、今回のように、海の火災では、
消火活動もします。
また、いわゆる海猿の皆さんが、
行方不明者を捜索します。

一度、仕事で関わって、
実際に職員の方から色々なエピソードをうかがうと、
応援せずにはいられない気持ちになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする