アクセス解析 WordPressで簡単に表組(テーブル)を作成できるTinyMCE Advancedプラグイン

WordPressで簡単に表組(テーブル)を作成できるTinyMCE Advancedプラグイン

スポンサーリンク



WordPressで簡単に表組を作成できる
TinyMCE Advancedプラグイン をご紹介します。

本当は、表組だけをつくるプラグインではなく、
WordPressの記事作成の管理画面に
初期設定にはない書式設定が簡単にできるショートカットアイコンを、
追加できるものなんですが、
大変便利なので、私は必ず入れています。

特に、バナーを横に並べたいとときや、
画面のように、格子状に配置したいときは、
本当に重宝しています。

詳しい説明は、バズ部 さんの、
TinyMCE Advanced の設定方法と使い方
をご覧ください。

TinyMCE Advancedプラグインをインストールして有効化したら、
早速やってみましょう。

まず、直接表組とは関係がありませんが、
自分がよく使う書式設定アイコンを、
ドラッグ&ドロップでアイコンコーナー?に入れておきます。
丸印は、私がTinyMCE Advancedで、
追加したり、場所を変えたりしてショートカットアイコンで、
文字色や、水平線の挿入や下線、見出しの設定などを配置してあります。
好きな配置にしたら「Save Changes」を押して保存します。

図2

表組のアイコンは、TinyMCE Advancedを入れると、
特に設定しなくても、最初から表示されるようになります。

ここでもし、4×5の表組をつくりたいと思ったら、
表組(テーブル)のアイコンから、
希望する列数×行数のテーブルを作成します。
この辺は、Wordと同じですね。

図3

できた表組(テーブル)に文字を入れてみます。
でもね、使ってみてわかるのですが、
表組の設定は、使っているテーマのテーブル設定に依存するようで、
枠線が入ったり入らなかったり、最初から幅が決められていたり、
使っているテーマによって、本当に異なります。

私は知識もなく、CSSをいじるのも面倒なので、
入れてみて、「うわ、こう来たか・・・」と思っても、
我慢して、つべこべいわずに素直に従うことにしています(^_^;)

全画面キャプチャ 20150901 222737

上記をプレビューで見てみると、
管理画面上で見るものとかなり違うので、
必ず、確認したほうがいいですよ。

セル内の文字配置を変えたいときは、
変えたいセルを選び、
セルのプロパティを選択して設定します。

全画面キャプチャ 20150901 222900

全画面キャプチャ 20150901 222911

プレビューで見ると、こんな感じになりました。

全画面キャプチャ 20150901 222933

・・・ということで、この記事用に仮に作った表だったので、
アイコンから、「表の削除」を選んで、消しますね。

全画面キャプチャ 20150901 222900

そんな感じで表組(テーブル)をつくってみました。
冒頭の画像ような外観になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする