アクセス解析 WordPressテーマの子テーマのstyle.cssはフォルダ名

WordPressテーマの子テーマのstyle.cssはフォルダ名

スポンサーリンク



今まで「ひなぎくまるごと」のページはVRYN RestaurantというWordPressテーマをつかっていたのですが、これがそもそもSixteen の子テーマなので、子テーマから子テーマをつくる方法がわかりません。そうこうしているうちに、WordPressをうっかりバージョンアップしてしまい、子テーマをつくっていなかったので、今までのカスタマイズがみんな吹っ飛んじゃいました。具体的には、header.phpに設定したアナリティクスのトラッキングコードとかほかのアクセス解析とか、style.cssに設定していたちょっとしたフォント指定のカスタマイズなどです。そして(ここ数日、なんでこんなにアクセス数が少ないの?)と思った時に、あーって気が付きました(^_^;)

WordPressがバージョンアップするたびに、個別の設定を一からやり直すのは面倒なので、これを機にAwakenというテーマに変えて、今度はちゃんと子テーマをつくり、そちらのほうで設定することにしました。

ところが、いつも通りに(と言っても、毎回、こちらを見ながらですが)やると、他のサイトではうまくできるのに、今回はなかなかうまくできません。子テーマ用のstyle.cssをちゃんとつくっているつもりなんですが、以下のエラーが下部のほうに表示されて、できないんです。

親テーマが見つかりません。”Awaken” の親テーマをインストールしてください。

これはTemplate:Awakenと指定したものを、小文字にしてTemplate:awakenに変更したら直りました。寝ログさんのブログにちゃんと、

Template:親テーマのフォルダ名を書く

と書いてあるのに、今までよく読んでおらず、指定をフォルダ名(小文字)にせずに、テーマ名(大文字)を入れてしまったからです(汗)

今までは、テーマ名もフォルダ名もどちらも小文字だったので、勘違いしたまま指定してもうまくいっていましたが、今回はテーマ名が大文字なのに、作成されたフォルダが小文字だったので、初めて自分の勘違いに気が付きました。ま、何事も失敗から学ぶ私なので(笑)次からは勘違いせずに設定できるのではないかと思います。

WordPressのテーマは日本の人がつくったものだと、SEOにもよく対応していますし、書体も海外製のように変な書体に置き換わることなく、文字の見た目もきれいなので、わざわざフォントをカスタマイズする必要がないのですが、そのレイアウトだと自分の目的に合わないときがあるので、海外製を使うことが多いです。でもそうなると、わからないときにヘルプが英語なので、(英語嫌いw)結構四苦八苦します。今回も自分の勘違いではなく、何か特別な仕様なのかと思って、英語のページをGoogle翻訳して、謎な日本語から必死にヒントをさがしてしまいました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする