アクセス解析 商品掲載の「えこひいき」は正直言ってある

商品掲載の「えこひいき」は正直言ってある

スポンサーリンク



w490_kodawari_factory01

このぶろぐは、私が作成している
10万円以下のスタイリッシュでコンパクトなお仏壇」の
サイトメイキングを兼ねているのですが、
ご紹介する商品に対して、管理人が公平かといえば、
答えはNOですね^^

もちろん料率とかもあるのですが、
私は以前、印刷系の技術的な仕事に従事しており、
それはDTPの普及と共に廃れてしまった作業でした。
そのため、途中で転職せざるを得ませんでした。

なので、職人やものづくりの技術を感じさせる会社さんが無条件に大好きですし、
時代の荒波にも負けず、少しずつ業態変換や販売チャネルを変えながら、
お客様のニーズに合わせて、1円でも売り上げを伸ばそうと考えている、
または、そのように見える会社さんが好きなのです。

なので、どうしても商品の販売側ではなく、
「作り手側」のほうにえいこひいきになります。m(_ _)m

本日、たまたま楽天で見かけた
「ふたきや」さんの商品を追加したのですが、
大正10年 漆器と雑貨の販売店として開業。写真は昭和7年の店舗風景です。
なんていうのを拝見すると、つい、応援したくなっちゃうんですよね。

それはもしかしたら、閲覧者の情緒と共感に響くような、
「見せ方」に優れているだけかもしれないのですが、
そういった見せ方をしている、というところにも共感しちゃいます。

いまのところ、私が「えこひいき」してご紹介しているのは、
静岡の「村上クラフト」さん、
名古屋の「なーむくまちゃん工房」さん、
そして、本日、追加掲載した、
埼玉県の「ふたきや」さんです。

それが実際の商品の品質や、
お客様対応のクオリティと合っているかは、わかりませんが、
個人で商品をご紹介するのですから、
そのあたりの好みは反映されてよいと思っています。

写真はふたきやさんではなく、村上クラフトさんの工場ですが、
どなたかのブログで、「婚礼用のドレッサーをつくっていた」というのを読み、
頑張ってほしいな、と思いました。

なにも書いていなくても、そういうのをどこかで読むと、
「この時代に、みんな、頑張っているんだなぁ」と、
ちょっとだけ感動しちゃうんですよね(^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする