アクセス解析 パーマリンクはアンダースコア(バー)よりハイフンがいいんだって

パーマリンクはアンダースコア(バー)よりハイフンがいいんだって

スポンサーリンク



様々なサイトを拝見していると、
URLに使われる記号はアンダースコア(アンダーバー)より、
ハイフンのほうがいいそうです。

へー、どっちも同じだと思っていた。
驚きです。
これから記事を書いて、パーマリンクを設定するときには、
アンダースコアはやめて、ハイフンにしないと!

でもなんで?

ASCII.jpの以下の記事から引用します。
SEO:「ハイフンとアンダースコアは異なる扱い」 Google Matt Cuttsがコメント

今回、あらためてGoogleマット・カッツ氏がYouTubeビデオでこの話題に触れたが、なんと「まだハイフンとアンダースコアは同列に扱われていない」とのことだ。つまり、URL内のキーワードをハイフンで結ぶか、アンダースコアで結ぶかは、違いがあることを示す。Googleによると、2つの単語がハイフンで結ばれている場合は両者を区別して認識するが、アンダースコアの場合は両者を結合して判断する。

感覚的には、わかる気もしますね。

よく短文などがファイル名になっているときに、
Hi_I_am_Poo.txt  などというファイル名を、昔はよく見たので、
スペースを入れない代わりに、そのような使い方をする慣例だったのかな。
確かに、アンダースコアは、全体でひとつのことを言いたいときに、
使われていたのかもしれませんね。

ハイフンは「MS-P06A」などのように、
商品名や型番などでよく使われますよね。
確かに○○シリーズの何番のAという感じで、
階層をイメージさせる記号であるかも。

でも日本人にはよくわからない感覚ですね。

とりあえず、アンダースコアはやめとけ、って話ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする