アクセス解析 首都圏限定の高速不動産買取オークション「さてオク」のクチコミがない

首都圏限定の高速不動産買取オークション「さてオク」のクチコミがない

スポンサーリンク



スポンサーリンク

首都圏限定の高速不動産買取オークション「さてオク」のクチコミがない

そもそも「さてオク」ってなに?

A8で廃車買取の会社を探したら、「買取」というキーワードがヒットしたのか、廃車とは関係のない不動産買取の業者も検索結果に表示されました。それが「さてオク」でした。

「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」で不動産を一刻も早く現金化したい人(特に訳ありの人など)が、仲介手数料なし(0円)でスピード売却ができるというサービスらしいです。

主な対象者はこんな思いを抱いている人達。

  • 「仲介会社に査定しても査定価格で本当に売れるか分からない。」
  • 「近隣に売却を知られたくない。」
  • 「相続が発生し、早急に相続人と話し合いを行い、売却をしたい。」
  • 「住み替えのため、期限内に売却をしなければならないが、できるだけ高く売りたい。」
  • 「ローンが払えないので、不動産を売却したい」
  • 「既に不動産会社に売却の依頼をしているが、ちゃんとやっているかわからない。」

査定してオークションもできるから「さてオク」というネーミングなのだと思いますが、プロレスラー(WRESTLE-1)の武藤敬司 氏をメーンキャラクターにした、不動産らしからぬ広告バナーが、なんとなくキワモノぽくて、思わず「大丈夫なの?これ?」と思ってしまいました^^


オークションを前面にうたっていますが、サイトをよく読むと、

①査定だけでもOK(売らなくても可)
②提示された査定額ですぐに売ってもOK
③さらなる高額を狙ってオークションにかけてもOK
④最初からいきなりオークションで行ってもOK

ということで、査定を依頼して出された金額でいいというなら、即決で売却してもかまわないし、嫌なら売らなくてもいい、ということです。

色々工夫された仕組みのようですが、要するに、利益が相反する不動産業者と直接売買交渉をするのではなく、不動産業者と売り主の間に入って、そこそこビジネスライクにやってくれるエージェント役ということでしょうかね。

一瞬、車をぶつけられちゃったときの、保険会社とのやり取りを思い出してしまいました。当事者同士がやりとりしないのは、楽っちゃ楽ですよね。

実際に査定フォームに途中まで入力してみました

試しに、都内で売りに出ている物件をネットで探して、トップページの査定開始フォームから、情報を入力してみました。

trim_screencapture-sateoku-jp-1475839675692

次は詳細な物件情報の入力です。※画像を拡大したい方は、新しいタブや新規ウィンドウで開いてみてください。

trim_screencapture-sateoku-jp-real_estates-new-1475840140459

最後に、お客様情報入力ページで、売り主の個人情報を入力します。※画像を拡大したい方は、新しいタブや新規ウィンドウで開いてみてください。

screencapture-sateoku-jp-real_estates-new_client-1475838344189

残念ながら、ここから先はわかりません。廃車買取の場合だと、当日か翌日にはメールで金額の返信が来て、”熱心な業者さん”だと、速攻で電話も来るんですけどね。そんな感じなのでしょうか。

「さてオク」のクチコミがない・・・

残念ながら、「さてオク」に関しては、実際に利用したというクチコミがまだありません。

一応、利用者の声としては、運営会社ホームページの<こちら>に載っています。(ふーん、離婚の財産分与で弁護士さんが「さてオク」を紹介?兄弟間のトラブルで税理士さんから「さてオク」を紹介?)

昨年設立されたばかりの会社さんなので、新しいサービスのため実績が少ないのかもしれませんが、即金・即決を売りにして、訳ありの方もターゲットにしているため、利用者の声があまり表(ネット上)に出て来ないのかもしれませんね。

買い手が不動産業者なので、今までに売却できなかった物件も即決・即金可能!とのことですが、査定申請入力フォームにある、売却理由の選択肢にもちらっとそれがうかがえます。ちなみに「済み続けたい」は誤変換かな^^

不動産屋さんに頼むと、ネットに物件広告が載るので、諸事情によりそれだと困る人もいるのかな。そういう人はブログで体験談なんか、書かないか(^^;)?

人のことは言えませんが(笑)、私がサッと見た限りでは、今現在、「さてオク」のバナーを貼って紹介しているブログやホームページのうちで、内容が簡単なで画一的でものは、ほぼすべてが紹介料を目的に記事を作成していると思います。

どうせこの記事だって、利用を検討しているお客さんよりも、紹介するに足る信用できるサービスかどうかを、調べにやってくるアフィリエイターさんのほうが、ずっと多いと思うんですよね(笑)

信憑性は不明ですが、探した中で、一番リアルな感じがしたブログは以下のタイトルです。ですが、それも「ご友人の話」ということなので、少々具体性に欠けますね。(検索してね)
「日経新聞1面が空き家問題! 家を買い取ってくれるという「さてオク」の口コミや評判は?」

かんでんEハウス(関西電力系)の紹介記事が一番わかりやすいです

「さてオク」に関する記事では、バナー広告がないものを探すほうが至難の業です。

クチコミではありませんが、「さてオク」の説明では、かんでんEハウス(関西電力系)のニュース紹介記事が、一番簡潔でわかりやすいです。

「売却査定からオークションまで可能な不動産ネットサービス「さてオク」がスタート(2015-07-21)」

KT(東京都渋谷区)は7月16日、不動産の売却査定からオークションによる売却まで可能なネットサービス「さてオク」のサイト運営を開始する。同社と提携する不動産買取専門業者の中から選ばれた6社が買取査定を行い、推定でなく実際の売却価格が分かるもの。従来の査定サイトとは一線を画すサービスとして、不動産仲介業者の囲い込みや相続、空き家問題に対応する新たな不動産流通のプラットフォームを目指す。査定を受けた物件の売主は、提示された価格のうち最高査定額で売却することができる。オークションによる売却では、提携不動産会社6社が提示する売却価格のなかの最高価格を最低入札価格としてスタート。数十社の提携買取業者がすべてオークションに参加するため、高く売却できる確率が上がるという。売却手数料は無料。提携する不動産買取専門業者には、上場企業や競売・公売での落札実績のある業者が含まれる。また、通常の売却時だけでなく、相続問題や不良債権問題にも対応できるほか、売主の資産の処分にかかわる金融機関、弁護士、税理士も活用が可能となる。

また、転職求人サイト「エン転職」の求人募集記事も、多少は参考になるかも。

「募集職種 不動産買取査定・買取オークションサイト「さてオク」の営業正社員」

ちなみに、「さてオク」を運営されているKTという会社の社長さんは松山英明さんとおっしゃる方のようです。

株式会社KT(横浜市鶴見区栄町通4-46-13)のすぐそば(横浜市鶴見区栄通4-46-4)に、同名の松山英明さんという方が社長を務める常輝商事株式会社(ジョウキヨウジ)という不動産会社があります。

”地元一筋30年の不動産会社”というキャッチフレーズですので、もしそれが同じ方だとしたら、長年のノウハウが十分生かされたサービスであることに期待したいですね。

ホームページの文章を信用すると、「査定だけでも大丈夫です」とのことなので、査定を経験された方は、ぜひ、早晩、ブログなどで詳細を教えてほしいものです。

「さてオク」のTwitterはこちらです
https://twitter.com/ktinc8

「さてオク」のFacebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/sateoku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする