アクセス解析 XサーバーのWordPressアップロードファイルの上限値引上げ

XサーバーのWordPressアップロードファイルの上限値引上げ

スポンサーリンク



X-server(エックスサーバー)で運用しているWordPressでは、
管理画面(インフォパネル)でアップロードファイルの上限値を上げる事が可能です。

簡単に書くと、
サーバーパネル→php.ini設定→ドメインを選択して→php.ini設定変更タブ
で、memory_limitとpost_max_sizeとupload_max_filesizeの3つの値を変更します。

なぜ3か所の変更が必要かと言うと、
このときに設定したい upload_max_filesize の数値は、
memory_limitやpost_max_sizeよりも小さい数値でなくてはならず、
そのため、upload_max_filesizeの数値を変えたいときには、
memory_limit や post_max_size も合わせて変更しないといけません。

数値の大きさの順番は以下です。
memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize 

memory_limitが一番大きく、upload_max_filesizeが一番小さい数値にしないと、
設定の変更が反映しないようです。

ちなみに私は所属する会の広報でさくらインターネット、
アフィリエイトではxreaとX-server(エックスサーバー)をつかっていますが、
やりたいと思うことを管理画面から簡単にできる点で、
X-server(エックスサーバー)はとても優れていると思います。
jetpackとの連携などは海外からのアクセス拒否のためかエラーになりやすく、
回避措置のために、xreaでは.htaccessを設定しないといけませんが、
X-server(エックスサーバー)では管理画面から設定変更できます。

複数のWordPressでもサクサク動くと好評のX-server(エックスサーバー)ですが、
使い勝手の面でも、自分は気に入っています。

↓↓↓詳細は以下。

xreaのほうば、s501が最悪で、しょっちゅう負荷が高くなって、
収容ドメインが頻繁にエラー表示になります。
xreaは10年以上前からつかっている勝手知ったる馴染みのあるサーバーで、
メーンのサイトとIPアドレス帯が異なるので使い続けていますが、
予算が許せば、別な有料サーバーのほうがいいのかな、と、
思うこの頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする