アクセス解析 Windows10のロック画面の配信先フォルダ

Windows10のロック画面の配信先フォルダ

スポンサーリンク


Windowsスポットライトというのは、ロック画面(Windowsにログインするときの壁紙)の画像をインターネット経由で取得するWindows10の新機能です。画像の配信先フォルダは以下です。(フォルダーオプションで「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れてください)フォルダーの内容は動的に変化するようです。


C:\Users\xxxxxxx\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets


xxxxxxx にはWindowにログインするときのユーザー名が入ります。

以下はフォルダの中身のスクリーンショットです。このフォルダに入っている拡張子がない長い名前のファイルがロック画面のファイルです。これを別フォルダにコピーして、拡張子(.jpg)をつけて開くと画像が確認できます。このフォルダの中身は日々変化しているので、ある時にコピーしておかないと、やがてなくなってしまうようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする